手を振る僕と走り続ける君

ちょっと「台風」について考えてみたいんだ。そんなに難しい問題ではない気がするんだ、「彼女」の特色って。

寒い祝日の明け方は散歩を

私は前から、肌がまったく強くないので、気を付けないとトラブルが起きる。
その上、ボディーシャンプーの体に残ってしまう感じが気に入らない。
けれど、冬の時期はもちろん乾燥するので、無添加に近い化粧水を使う事にしている。
愛用中の製品の残念な部分は、価格設定がものすごく高いので、なかなか買えないところ。

涼しい土曜の午後に窓から
遠い遠い昔、観賞した合作映画が、「ビフォアーサンライズ」で、邦題は「恋人までのディスタンス」という。
当時20歳くらいだったお姉さんに、「とてもいい作品」と絶賛されていたシネマだ。
列車で居合わせたアメリカ人の、イーサン・ホーク演じるジェシーと、フランス人の、ジュディー・デルピー演じるセリーヌは少しだけオーストリアのウィーンを歩き回るストーリーだ。
この作品の他とは違う部分は、これといった事態だったり起承転結の点の部分など、見えないとこ。
会ってすぐという2人の主人公は、恋愛観とか生と死に関して永遠とぶつけ合う。
見た時は中学校2年生だった私は、経験不足で幼く、なんとなく観賞したシネマだった。
しかし、この前、偶然DVD屋さんで見つけて、これはあの時のと思い借りてみたところ、めちゃくちゃ感銘を受けた。
特に、レコード店でケイス・ブルームのカムヒアを聞きながら無意識に見詰め合ってしまうシーン。
ジェシーとセリーヌの帰国の際、つまり、別れ際、そこでクライマックスを迎える。
その時はわからなかったこの映画、時を隔てて観賞すると、前回よりまたく違う見方になるのかもしれない。
その感覚を味わった後、KATH BLOOMのアルバムを、店で探し出して聞いている。

夢中で話す彼女と紅葉の山

動物を見るために散策しながらいっぱい距離を歩く動物園は、盆近くはとっても暑すぎて厳しい。
知人夫婦とお子さんと自分と妻と子供といっしょに見に行ったが、たいそう蒸し暑くてだるかった。
ものすごく日差しも暑いので、猿もゾウも他の動物もほとんど行動していないしし、遠くの日陰にひっそりとしていたりで、さほど見えなかった。
次回は、クーラーのきいた水族館などが暑い時期はいいかもしれない。
子供が大きくなったら夜間の水族館や動物園も良さそうだ。

寒い週末の夜は焼酎を
太宰治の、斜陽は、何度も読み進められると思う。
戦争が終わるまでは旧華族の娘だったかず子が、根強くて負けない女性に変身する。
読むにつれて立派だと感じた自分。
これだけの、誰にも負けない気の強さと、強い我が戦争が終わったこの頃は必要不可欠であったのかもしれない。
それもそうだけど、不倫相手の作家の奥さんからすると迷惑だろうとも思える。

よく晴れた平日の午前はシャワーを

このごろ、番組で、マクドナルドのチキンナゲットの食感を味わえるレシピといって紹介していました。
ものすごくうまそうだと思って、妻にしてもらったが、マクドナルドのチキンナゲットの食感ではないけれどおいしかったですね。
衣がわずかに違ったけれど、中身は、同じチキンなので、自分くらいの味覚ぐらいではほんの少しの差はわからなくてめっちゃうまかったです。

のめり込んで吠える姉ちゃんと冷たい雨
案外布は金額がする。
わが子が園に9月から行くので、本入れやボール入れが必須でありながら、ちょっと驚くくらい布が高かった。
ひときわ、固有のキャラクターものの布なんて、非常に高い。
見たら、柄がきれいなキャラクターものの縫物用の布がたいそう価格が高かった。
持っていく大きさののきんちゃく袋をどこかで購入するのが手っ取り早いし、面倒が無いだけど、しかし、地方なので、園に持って行っている人は皆、手作りだし、近くに売っていない。

怒って跳ねる彼女と霧

いつも、Eくんから届くメールの中身は、何のことを語りたいのかほとんど理解できない。
飲んでてもノンアルコールでもいまいちいまいちだ。
しかし、彼が仕事の一環で作成したという、会社の商品と募金に関する文章を読ませてもらった。
意味の通じる文書をかけるんだ!と思い、びっくりした。

息絶え絶えで走る彼女と履きつぶした靴
子供とのふれあいをとればとるほど、自分の子供はものすごく私につきまとってくれるようになる。
2歳近くまで、仕事が非常にせわしなく、見ることが珍しかったため、たまたま顔をあわせても泣かれていた。
実の父なのにとわびしい心もちだったが、仕事が激務だからと観念せずに、毎回、休日にお散歩に連れ歩くようにした、抱っこしても、お風呂でも普通になった。
近頃、仕事で出かけていく時、俺が居なくなることが悲しくて涙を流してくれるのが嬉しい。

控え目に踊る兄弟と俺

石田衣良さんという作家さんに魅せられたのは、友達の愛ちゃんの紹介で。
「愛がいない部屋」という短いお話が詰まった文庫本がパソコンの前に置かれていたから。
故郷の岩手の母が読んでいて、それを米やフルーツと共に送ってくれたとのこと。
当時はまだそこまで世に知れていなかった石田衣良さん。
彼女はもともと手記や経済、マナー本などは買う。
反対に、所謂文庫本は読まないので、愛がいない部屋を私にくれた。
彼女のママは何を考えながら、この本を手に取ったのだろうか。

どんよりした土曜の朝はシャワーを
ひとり暮らしの時、コンディションがあまり良くない上に、食事と、睡眠の具合が良くなかったので、口内炎が多かった。
このままじゃヤダと思い立って、食生活を整え、美容に役立つ事をしようと情報収集をした。
大いに勧められたのが、アセロラドリンクだ。
今でも結構飲んでいる。
れもんよりもビタミンがたくさん摂れるらしい。
体調と美容は何と言っても食事から作りだされるのかもしれない。

カテゴリ

ちょっと「台風」について考えてみたいんだ。そんなに難しい問題ではない気がするんだ、「彼女」の特色って。

Copyright (c) 2015 手を振る僕と走り続ける君 All rights reserved.